読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Panorama mirror tour

若手俳優ヲタクです。

お金と年月。

はいゆうさんのお話をしてると口が悪くなる癖を治したい。


4月ですね。色んなブログとかツイッターとか見てると、よく現場に行く行かない、公演を何度も見る見ない、って論争をみかけます。そして古参か新規かっていうのも。

わたし自身はド新規で、回数重ねて何回も見るタイプです。チケットは与えられたもので見る派だから、申し込み時にがんばる。申し込み時に頑張れば1、2回はよいところが来るのでそれで大抵我慢します。
友人にはそれ仕事かな?レベルで交換とかしてる人はいるけど、そのモチベーションがないですが、とりあえず席はあれでも手持ちがない方が不安なので、申し込みは頑張ってます。
世の中の人は、良席厨はみんな買ってると思ってるけど、割と交換で集めてる人のが多いと思います。とりあえずチケットたくさん取って、発券して、交換して、残ったら定価譲渡する、みたいな人が多い。
別に買っててもいいけど。わたしは買わないし人のやることに興味はないです。高く買おうが安く買おうが、それよりとりあえず回数重ねて空席を埋めてくれればいいと思う。公式が転売に躍起になるのは人気公演だけですしね。

正直、ガラガラの公演に「予定が合わなくていけないけど」というリプを見ると、はぁ、と思います。1回くらい、ファンを公言するんであれば見に来て欲しいな、と。
あと地方まで来ないのにライビュを求めて怒ってる人はイラッとする。ライビュがフツーだと思わないで欲しい。今の現状のがおかしい気がする。

別に回数重ねればいいファンだとは思わないけど、来れないけど古参であることにマウントを取る人がうちの子界隈には多くて不快です。
ちなみにわたしは回数入るけど、ド新規なので大人しくしています。ギリギリに入ったりもしない。フツーに入ってフツーに帰る。大きな声で推しの話もしない。

古参であんまり来ない人ほど、声がデカイなぁ、と思うんですよね。リアルの声も、ネット上でも。
東京公演以外の地方行けないなら、「行けないけど頑張って」まではスルーできる。もやるけど。でも、「行けないのになんで配信ないの?行けない人の気持ちもわかってよ!まさかDVDにも入れない気じゃないでしょうね?」って声高に叫ぶ人はわたしの視界からは消えてもらいたい。推しにリプしないでほしい。
行けない人の気持ちをは考えて、ってなんだろう。来てくれるのが制作にとってはお客様だし。自分たちこそがうちの子のファンだと自負するなら、もう少し、あと2枚でもあなたたち全員がチケットを買ってたら、カメラを入れられたかもしれない、とは思わないんだろうか。ブロマイド5枚も買っちゃった、じゃねーよ、上限10だろ。出ないって言ってないで出るまで買えよ。的な。

言葉遣いが悪くてすみません。
各々のご事情もあるでしょうし、回数入れば偉い、というわけでもないと思っていますが、自分のやっていることと発言が見合ってない人がきらいです。

推しにかける愛情はやっぱりかけた時間と金額だなぁ、と思います。わたしは知らないけど、うちの子にもそこそこ通ってる古参っているんだろうか。そんな人がいたら尊敬する。だって長ければ落としてる時間も金額も多いだろうから。わたしはド新規だと思ってるので回数は入って貢献しようと思っています。続けられる限りは。

しかしうちの子のわたしへの反応見てればそんな人はいないということが分かるけど。確実に観劇してる公演数に引いてるから笑。笑どころじゃないわ。これで引かれたら今年の夏は完全にドン引きされる。
そろそろ慣れてください…。別に見てるだけでとって食うわけじゃないんで!

ひろせくんのこと。

彼が声優になりたいので事務所を移ります、という発表をした後、色んな反応がありましたね。

 
えー!びっくり!という人。
わたしはわかってた、という人。
寂しいな、たまには舞台に出て欲しいな、という人。
こっち来んな!という人。
あの舞台はもう続編出来ないの?という人。
それぞれ思いがあるのは当然です。本人にぶつけるかは置いておいて。
 
わたしは、「へー!そういや櫻井さん好きって言ってたもんね!頑張ってー!」って感じでした。
 
俳優と声優って、割と境界線とかないし、声優メインでやってても頑なに、わたしは俳優です!って人もいるし、ほとんどアイドルでも、わたしは声優です!って人もいる。
わたしはただの視聴者なので、どっちがいいのかはわかりません。声優も俳優もアイドルも好きだし。
 
彼の移籍した事務所に対して、知らない、とか、大丈夫?とかいう声も聞きました。
個人的には、全然大丈夫な事務所だと思います。だって声優オタクならみんな知ってるレベルのところだし、有名な人も所属してる。
そりゃ、アイムとか青二とか81とか俳協とかと比べたら小さいだろうけども、事務所はたくさんありますから。廣瀬くんが声優のお仕事をするために踏み出した一歩としては、順風満帆だと思いました。
 
ただ、本当に声優オタクとして思うことは、ファンの方が大変だろうなぁ、ということです。
前のエントリーでも書きましたが、声優イベントはたくさんあります。たくさんあるけどアホかってほどチケットが取れません。アホかってほどDVD買わされます。アホかってほど本人確認が厳しいです。お友達から譲ってもらうことも許されない世界です。
わたし個人的に、廣瀬くんはそこそこ人気のアイドルものとかにドンドン推されていく気がしています。
Bプロとか、あんスタ的な。すでにA3には出てるわけですし。そうすると高確率でイベントがあって、DVD1巻で昼の部、2巻で夜の部とかなわけですよ。CDならまだ単価が低いから良いくらいですが。
5本とか普通に円盤積んで、やっと当ててもチケ代8000円くらいで、小さくても3000人規模の会場。
今までは広いところで800人とかで、10公演くらいは普通で、まぁ頑張ればチケット取れて、定価で譲渡してもらえれば観られていた環境から、一変します。
それくらい、アニメというか声優市場は規模が大きいです。
正直わたしはそれに疲れて、癒しを求めてたら俳優に転がっちゃったんですが。
かかるお金は舞台に全通してた人なら若干減るかもしれません。でも各公演、1回とか2回で楽しんでた人は地獄を見ることになるかもしれません。
本当に、びっくりするくらいお金がかかるし、チケットは取れないから観れないし接触も少ないです。
 
そういう世界に、今まで俳優の廣瀬大介さんが好きだった人がついていけるのだろうか、とは他人事ながら心配でなりません。
 
正直、わたしは廣瀬くんがそんな下っ端からスタートするとも思ってません。
所属できた時点で、おそらくジュニア登録はされるんでしょうし。そうするとそこそこのオーディションも受けられるし、指名のお仕事もあるだろうと思います。
舞台化したら役者も出来る。声の人と役者が一緒って、めっちゃ強いです。
けんしょうくんが今は筆頭だけど、声優として人気が出ればそういうポジションも可能になる。
 
そうやって考えると、廣瀬くん的には今回のお話は本当に素晴らしいことだと思います。声優オタクとして、心の底から応援しています。
でも、自分が彼のファンだったら、って考えると胃がキリキリする。
 
それでもわたしは歌い踊る廣瀬くんも観たいし、キャラに息を吹き込むのも聞きたいと思っています。
本当に頑張ってほしいです。廣瀬くん本人にも、彼の本当のファンの方達にも。

進撃の巨人。

(本当はあなたの推しはどこから?っていうのを先にやりたかった。)

 

1番初めにも書きましたが、うちの子の素性について、特に語る気はないのですけれども、今から書くことで一つだけ明らかになります。

 
進撃の巨人には出ない。(今のところ)
 
ということで。進撃の巨人の舞台化に関して、詳細が少しだけ発表になりましたね。
舞浜アンフィシアターで、しかも1ヶ月以上の公演ですね。プレミアシートで全通したらいくらになるのか計算してみました。関係ないのにやるところがオタク。
ざっとで70万を超えました。手数料とか乗せたら80万も超えると思います。全通の場合の初期投資は一体いくらになるのでしょうか。
 
いやー、うちの子が出たら吐血する。(三浦くんと阪本くんのファンの方ごめんなさい)
だって50公演以上ですよ?しかもアンフィシアターですよ?いや、アンフィシアターは声優イベント的にはキャパ狭いしハコとしては大好きだけど!お芝居は観たことないけど、奈落もあるしステージもそこそこ広いから使いやすそうだな、とは思います。
でもでもね?なんで舞浜?一般的に千葉県民以外は全員遠いよ!しかも夏休みだよ!隣にはTDRがありますよ。もう一回書くけど夏休みですよ。
通うの考えるだけで鬱でしょ。しかも京葉線はすぐ止まるし。電車代もそこそこかかるしご飯食べるところも高い。
すごくお金持ちの大学生とかは全通しようと思えば出来るんでしょうね。お金持ちの大学生ってそれただのお嬢様ですけど。社会人は仕事辞めろってことですか。都内で働いてたら定時上がりじゃソワレも間に合わない。
本当に、全然自分は関係ないんですけど、うちの子出る可能性1パーセントくらいしかないんですけど、考えたら気持ち悪くなりました。
 
そもそも巨人ってどうやって表現するんでしょうね?プロジェクションマッピングかな?
150人くらいの出演者にはきっとダンサーとかオケとかも入りそう。
個人的には去年のドラクエみたいな感覚かなー、と思っています。そいやドラクエ行った。なかなか楽しかった。
 
演出の方も私は観たことはないのですが、評判いいのと悪いのと両方ですね。どうなるのやら。まぁ今回はブレーンがたくさんいそうだし、お金かかってそうだし、アレな感じにはならなそうですが。
まぁホント、色々言いましたがわたしは進撃の巨人が苦手なので、そういう意味でもうちの子には絶対出て欲しくないです。根本的に怖い痛い作品が無理。バイオハザードとか泣く自信があります。
あと、進撃の巨人ってパリピ層にも人気だし、もちろんオタクもいっぱいいるので、チケットは戦争になるのでしょうか…。アンフィでかいし期間長いし旬は過ぎてるから刀ステよりはマシかな。
そうだとしてもホント、三浦くんと阪本くんのファンの皆さま、お疲れ様です…。それに尽きる。
 
今日アルターボーイズ観てきて、めっちゃ楽しかったのですが、色々ありすぎた上で進撃の速報見てなんか色々考えてしまいました。
 
あー、しかし今日もうちの子は平和そうで良かった。

舞台化の乱立とリピーター。

ある意味極論なのでご不快に思われる方がいらっしゃいましたらごめんなさい。先に言っておくと、2.5でお金儲けしようというのを推奨してるわけではないです。はい。

昨今2.5次元もアニメも乱立して需要と供給があっていないと言われております。供給過多。現代日本の問題はどこに行っても同じですね。
16冬のアニメなんて絵を描く人がいなくて放送が飛ぶ、なんで今までありえなかったことが頻発してます。前の話を再放送って。エンドレス8か。

同じように2.5の舞台も乱立してるように感じます。ド新規のわたしがそう思うくらいだから昔から若手俳優のファンをしている方は痛感していらっしゃるのではないかと思います。数があまりの多いので、ガラッガラになってる作品も多いです。それでも舞台化が止まらないってことはそこそこ半分も客が入れば黒字なんだろうか。

先日友人がめちゃくちゃチケットが売れてない公演を見に行ってました。結果、すごい良かったそうです。千秋楽のライビュを見てしまうくらいには(それなら余ってるし会場行けば、とは思ったけど)。
ただ、良い作品だから客入りがいいとは限らない。逆も然り。

やっぱり、原作人気とキャスト人気と環境と売り方が合致して、初めてチケットは売れるんだなぁ、と痛感しました。他人事ながら。
残念ながら、その作品は原作があまり知名度がなかった。キャストもすごくお客さんをひっぱってこれる人がいなかった。実力がある人も頑張ってる人も沢山いたけど、盲信的なファンがいる人がいなかった。演出的にかなり大きめの箱でしかできなかった。
そんないろんな要素が絡み合って後ろがガラガラ、という状況だったと思います。
主演の子も友人の推しもすごくよかったみたいで、やり方さえ間違えなければもっと良いものができたのでは?と考えてしまいました。

なんでかって、うちの子の次の舞台、めっちゃ売れてない。その次の舞台も多分売れてない。
前の方のチケットが定価で手に入るのはラッキーな反面、後ろガラガラなのやだなぁ、うちの子メンタル弱いのに、と今から胃が痛いです。メインキャストじゃないけども。

若手俳優界には間々あることですね。
もちろんアフタートークもあります。でも売れてない。
しかもクソみたいなリピーター特典つけてきてて、制作の人の脳みそあけて見てみたいと思う始末。リピーター特典自体の是非この場では置いておいてください。
正直、繰り返し観に来るのは原作ファンではない。結局役者のファンしか5回も10回も観に行くわけがない。
そのリピーター特典が、サインも写真もハイタッチもお渡しもなくて誰がチケットを積むのか、と。どうしてその特典でチケットが捌けると思ったのかと。膝を突き合わせて問いただしたい。
そもそも売るつもりのブロマイドやらなんやらにサインでも書かせて特典にした方が食いつきがいい。お金かけないで人集める方法なんてなんぼでもある。正直役者にチェキやら握手の1つもしてもらえばおたくはホイホイ買い増します。
「役者人気でチケット売りたくない」とか高尚←なこと言う人は若手俳優界には手を出さない方がいい、と思います。言われたわけじゃないけど。

役者に客寄せパンダみたいなことをやらせるなんて、というご意見もあると思います。
でも後出しで金額下げたりすると叩かれるし、ご招待は制作にはプラスにはならない。チケットを売るためにはなにが必要なのか。キャスティングとかもうどうにもならないこと以外でできることは沢山ある。
制作サイドがそれを頑張ってやれば、役者もガラガラで寂しい後方席を見なくて済む。ニコ生やらアベマやら、いろんな方法が今の時代は出来るはず。それもせずに、変な情報統制だけしてチケットは売れ残ってる。

…ホント、ばかなの?としか思えない。
役者もスタッフも、思うところもあるだろうし、芸術家気質も必要だけど、その前に仕事だということを理解しているのか。
利益の出ない取引とか仕事として意味わからないし、コストは抑えるべきだし売り上げを上げるために出来ることは禿げるくらい考えるべきだ、とおもいます。
というかフツーのサラリーマンはみんなそう考えて仕事してる。制作スタッフは会社員じゃないの?と本当に純粋に不思議に思いました。
結果、チケットが売れれば完売御礼!って話題にもなるし制作サイドも儲かる。役者もファンが増えるだろうしやりがいもある。そのために集客を頑張るのは悪いことではない、とわたしは思います。賛否あるかもしれませんが。

もし仮に誰かのわがままや強権で出来ないんだったらごめんなさい、とは思いますけども。
それくらいリピーター特典が意味がわからなかったんだ!!

次の次の作品は今以上に売れてない。
今から寒々しい劇場を想像して涙が出ます。それでも通うであろう自分もなんかどうかとは思います。

仕事としてやるなら、ギリギリのところじゃなくて上を目指して欲しい。それは役者もスタッフも同じ。

やっていることに納得が出来れば、わたしは湯水のようにチケット代を落とします。お金を儲けさせるわけじゃなく、うちの子を悲しませないために。

闇。

若手じゃない俳優との小噺。

 

その昔、とある俳優のファンをしていました。

というか今も彼が本命でうちの子は愛人という事にしています。私の中で。

2年に一回くらいしか接触系がないので画面上で生存確認しているだけですが。

そりゃあもう、どこにいても全く驚かれず、「またいるの?」と言われるくらいの行動力で日本全国津々浦々飛び回っておりました。

とっても敷居が低いひとだったので、色々伝説を作っていただきました。身内に「それ妄想じゃないよね?」と言われたことも少なくない。書けないことだらけ。

 

すごく応援してたし(一応今もしてる)、そんなファンほかにはいないからか、とても仲良くなれました。テンションが同じだったということもある。

書けることだと、熱が少しある状態で接触イベントに行ったら「顔色悪いよ?」と言われ、熱があると告げたら「何度?」と言って額に手を当てて覗きこんで来て、私の次に並んでた子が息飲んだ、なんてこともありました。(熱があるのにイベント行くなよという罵りは甘んじて受け止めます)

本当の熱のせいであんまりはっきり記憶がないのが残念。

ある意味ファンとしては極めているので、2年に一回しか会えなくてもまぁ平気です。画面に映ってるのはごくたまに見られるし。そもそも己の演技力を棚に上げて舞台を拒否るから売れてないんですが。

恐らく役者をやめることはないので(とても頭がいいので計算して事務所を利用してる)、現在もぬるく見守っています。今のところ1年半くらい会ってない。

で、彼は既婚者なのです。しかしまぁ結婚した時は全然ショックじゃなかった。何故か。聞いたとき大笑いした。ちなみに嫁はマウンティングするから嫌い。でも別にショックではない。

すごく好きだし、イベントあったら這ってでも行くし、数少ない舞台も毎日行ったし、それこそ大嫌いな飛行機乗っても遠征する。

だからこそ、ショックじゃないことにびっくりもしました。ファンやめた子もいっぱいいたしね。

 

で、ちょっとうちの子がカノバレしたら、とか結婚したら、とか想像してみた。

・・・3秒で無理だった。

いや、夢見てるわけじゃないんで、恐らくひとり暮らしじゃないだろうとか、彼女いるだろうとは思ってます。マジで。でもやっぱり直視したくないなって思いました。

これもある意味りあこなのかなー。でも別に友達にもなりたくないし、付き合いたくもない。一回くらい飲みに行けるならいきたいけど。

なんだか難しい感情です。

距離感は遠いから身近な人とか思ってないし、彼がどこにどんな風に住んでいるのかも知らない。興味もない。板の上(もしくは画面の中)で見られたら十分、と本気で思ってるのに。

なんだろう、これは。

不思議な感覚だなぁ、と思いました。

 

でもこの距離感の方が闇。

 

わたしはどこを目指しているんだろう。

 

声優と俳優の違い?

あくまでもファンとしてのスタンスの違い。

 

わたしはうちの子のにハマる直前までとある声優にハマっていました。

人気で行ったらまぁ上の方。でもお金落とすファンは少ない方かもしれない。

 

はじめ、俳優沼に落ちた時、「これで使うお金が少し減るかな?」と思っていました。

わたしがその声優さんにハマったのは1つのアニメ作品からで、そこから彼の出る作品を全て抑えなければ見ることすら叶わない、という状態に陥りました。

正直、なんでこんなに取れないのかわからないってくらいチケットが取れない。

ひとつの作品の先行上映会→放映→イベント、というのが今の流れになっていて、自力でなんとかなるのは先行上映会くらい。下手すると先行上映ですらCD積まないと応募出来ない。

放映後のイベントは基本DVD購入しないと応募が出来ない。しかも1本や2本で当たるような作品は10本にひとつくらいなもんで。申し込む土俵にすら乗ることを許されない。

かつ、当たっても本人確認があり本人以外は身内ですら入ることができないことが多い。転売をなんとかしたい正義厨みたいのが腐るほどいるし、公式は儲からないことは認めないのでこの文化はどんどん広まりつつあってすごく嫌(友人への譲渡は認めるか、ももクロみたいな仕組みを作って欲しい)。

てな訳で何がどうかっていうともうものすごくお金がかかる。しかもリターンがないお金のかかり方で当たってもカスみたいな席が来たら鬱になる。でも行けないともっと鬱になるので積む、というどうにもならないループにはまるわけです。

もちろん、興味のない作品もあるので、積む量は一定ではないですが、多い時は1作品で10本くらいのDVDが普通にありました。

一番好きな作品に関しては頭がおかしくなってるので際限がなかったし。

そしてなおかつグッズを買う。声優さんのグッズではなく作品のグッズが腐るほど出る。AGFなんていう魔のイベントもある。(グッズを買うためのイベントなのにチケットが取れない。もちろん有料)

 

そりゃー詐欺が横行しますよ。子供が多いから騙す人がいるし、あれだけお金積んでも行けないと高額転売の方が早いと思う人が一定層いる。チケキャンも絶対潰れません。

 

という感じの数年を過ごしてそろそろ金銭的にやばいかな、という時にうちの子のに出会いました。

刀ステみたいなモンスター級の作品でなければまぁそこそこチケットは取れる。頑張れば全通だって出来る。最前を定価で譲渡してくれる人もいる(神かと思った)。

なんて平和なんだろう!と感動しました。はじめは。途中で回数多いから全通とかしたら支出が変わらないってわかったけど。まだうちの子のレートは低いのでトレーディングでしぼうすることもないからましです。

結局貯金は溜まらない。でも今までと観れる回数が段違いで多いことにいいじゃない!と脳みそが麻痺しかかっています。

若手俳優から声優に転ぶ人って、そこら辺辛くないのかな。でもその回数が多いことに疲れて声優いくって人もいるんでしょうねー。

 

役者の考え方もきっと違うと思う。声優はどんな若手だって歩かないし。絶対タクシーに乗るし。でもタクシー乗ってイベント来るけどアルバイトしてる、みたいな謎な感じですが。

 

どちらにしろ金遣いが荒いことは変わらなかったけど、チケット戦争で鬱ることが格段に減りました。それは良かった。それ以外で鬱になることが増えたからトントンだけどね!

 

結局、わたしはその人に直結することにしかお金を落としたくないんだなーと思いました。声優さんの彼は、その作品がぽしゃろうが仕事がなくならないところまで行ってる人だったので、落とした金額が彼に直結しなかった。

別に感謝されたいわけでもなくただの自己満足ですが、うちの子のには直結するな、と思っているので頑張れます。

ずるずるとうちの子のATMにならないようにお財布の紐はひきしめていきたいと思います。2月の舞台のチケットがまだ満足するところまで集まってないけど!

今更沼に落ちました。

2017年になって、2016年を振り返ってみてなんだか自分がおかしなことになっているので記録のためにブログを始めることにしました。

 

人生の中で一体いくつ目のブログだかもうわかんないけど思ったこととか吐き出したいな、と思うことが増えた気がしまして。まぁ、ゆるりといきます。やってることは全然ゆるりとしてないけども。

 

人生そこそこ長いので、ジャニだとかバンドだとか劇団とか声優とかそれこそ二次元の平面のアイドルとかいろんなものにはまってきました。

2.5というか、若手俳優は友人がはまってて、色々闇だしそもそもファンも役者もみんな若いからわたしはハマらないだろうなぁ、と思っていた。

2016年、とある舞台に誘われてフラッと見に行ったことで、運命の出会い(わたし的には)に遭遇してしまったわけです。

 

とはいってもすぐに通うようになったわけではありません。

その舞台の時はかわいーな、好みだな、キラキラしてるなー、くらいなもんで、追っかける気に全くなってなかった。なぜならわたしはその時人生最大規模でお金のかかる声優にはまっていました。(というか基本声優は元手がかかる。DVDとかアホほど積まないとならないから)

 

リアルに好みな俳優さんに出会ったのは久々だし、ものすごくスタイルもいい。悪そうに見えるのにめっちゃ純粋なところもいい。でも通うのはなぁ、と思っていたわけです。

 

彼が誰かは言わないつもりなので、質問されても答えませんが、彼って言うのなんか気持ち悪いのでうちの子って言います。それも気持ち悪いけど。

 

で、しばらくは変わらずDVDとかCDを物凄い数積んで、イベントにぶっ込んで全落して絶望したりしながら声優さんを追っかけてました。彼は彼でとっても頑張ってらっしゃいますし、人気もあるのでものすごく遠い人なので緩やかなスタンスで応援してました。全通はするけど。

 

ただしかしまぁ同担がキツイ。子供しかいないし本当にうるさくて一緒にされたくない。だから友達は1人もいませんでした。で、まぁ何があったわけでもないんだけど、とあるイベントで「この人たちと同じ人のファンだと思われたくない」

って心底感じることがあって、疲れ果ててワイン飲みながら二次元ヲタの友達にクダを巻いてました。

その時に、2016年の初めに見た舞台のDVD買いなよ、と勧められました。メイキング?裏舞台?的なやつで絶対癒されるからって。今思えばこの友人も若手俳優沼に落ちかけてたため、わたしを引きずり込みたかっただけだとは思う。今は仲良く沼に首までつかってます。

 

で。どう考えてもわたしが好きなタイプだよ!って10年来の友達が推してくるので買ってみました。8000円のDVDひょいっと買うくらい多分わたし疲れてた。

 

で、見た後には、10枚DVD買っても1公演しか見られない声優に突っ込んでたお金をうちの子に突っ込むことを決意しました。

それくらい可愛かった…。ホントかわいい。演技もダンスもダメダメだし、めっちゃイキがってるしドヤってる。でもものすっごく楽しそう。なんだこの純粋な世界は、と愕然としました。

気づけばわたしは翌週の完売してた舞台のチケットをツイッターで探し出し、月末くらいにあったイベントのために休みを取っていました。

 

そしてまさかのミラクルで「大変だね」と見守っていた友人の推しと共演が決まり。見事に若手俳優沼にズブズブと堕ちたわけです。

 

うちの子に関してはわたしは本当にド新規なので、ひっそりと隠れています。絶対に目立ちたくないし長いヲタとも関わりたくないです。

 

同厨はホント無理。表面はニコニコできますけど一緒に観劇とか意味わかんない。大昔に同厨にぶっこまれたことがあるのであんま関わりたくない方です。あとうちの子はあまり頭が良くないのでわたしには3回目くらいからタメ語です。特別仲良いとかではない。うちの子の脳みその問題。

 

本当に地味にひっそり推しのためだけに生きていきたい。周りの友人もひっそりしてるといえばひっそりしてるけど、ファンサ?何それ?何回ドンピに入っても干されてますけど?ファンサとか認知されてないからもらえるんでしょ?みたいな人しかいなくてツライ。

わたしは認知されてもファンサはもらいたい、とまだ貪欲に思ってます。目線高い系の男子は勘違いできなくてつらいけどね。

 

ということで以上がうちの子との出会い。まだまだド新規楽しんでいきたいと思います!