読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Panorama mirror tour

若手俳優ヲタクです。

ひろせくんのこと。

若手俳優

彼が声優になりたいので事務所を移ります、という発表をした後、色んな反応がありましたね。

 
えー!びっくり!という人。
わたしはわかってた、という人。
寂しいな、たまには舞台に出て欲しいな、という人。
こっち来んな!という人。
あの舞台はもう続編出来ないの?という人。
それぞれ思いがあるのは当然です。本人にぶつけるかは置いておいて。
 
わたしは、「へー!そういや櫻井さん好きって言ってたもんね!頑張ってー!」って感じでした。
 
俳優と声優って、割と境界線とかないし、声優メインでやってても頑なに、わたしは俳優です!って人もいるし、ほとんどアイドルでも、わたしは声優です!って人もいる。
わたしはただの視聴者なので、どっちがいいのかはわかりません。声優も俳優もアイドルも好きだし。
 
彼の移籍した事務所に対して、知らない、とか、大丈夫?とかいう声も聞きました。
個人的には、全然大丈夫な事務所だと思います。だって声優オタクならみんな知ってるレベルのところだし、有名な人も所属してる。
そりゃ、アイムとか青二とか81とか俳協とかと比べたら小さいだろうけども、事務所はたくさんありますから。廣瀬くんが声優のお仕事をするために踏み出した一歩としては、順風満帆だと思いました。
 
ただ、本当に声優オタクとして思うことは、ファンの方が大変だろうなぁ、ということです。
前のエントリーでも書きましたが、声優イベントはたくさんあります。たくさんあるけどアホかってほどチケットが取れません。アホかってほどDVD買わされます。アホかってほど本人確認が厳しいです。お友達から譲ってもらうことも許されない世界です。
わたし個人的に、廣瀬くんはそこそこ人気のアイドルものとかにドンドン推されていく気がしています。
Bプロとか、あんスタ的な。すでにA3には出てるわけですし。そうすると高確率でイベントがあって、DVD1巻で昼の部、2巻で夜の部とかなわけですよ。CDならまだ単価が低いから良いくらいですが。
5本とか普通に円盤積んで、やっと当ててもチケ代8000円くらいで、小さくても3000人規模の会場。
今までは広いところで800人とかで、10公演くらいは普通で、まぁ頑張ればチケット取れて、定価で譲渡してもらえれば観られていた環境から、一変します。
それくらい、アニメというか声優市場は規模が大きいです。
正直わたしはそれに疲れて、癒しを求めてたら俳優に転がっちゃったんですが。
かかるお金は舞台に全通してた人なら若干減るかもしれません。でも各公演、1回とか2回で楽しんでた人は地獄を見ることになるかもしれません。
本当に、びっくりするくらいお金がかかるし、チケットは取れないから観れないし接触も少ないです。
 
そういう世界に、今まで俳優の廣瀬大介さんが好きだった人がついていけるのだろうか、とは他人事ながら心配でなりません。
 
正直、わたしは廣瀬くんがそんな下っ端からスタートするとも思ってません。
所属できた時点で、おそらくジュニア登録はされるんでしょうし。そうするとそこそこのオーディションも受けられるし、指名のお仕事もあるだろうと思います。
舞台化したら役者も出来る。声の人と役者が一緒って、めっちゃ強いです。
けんしょうくんが今は筆頭だけど、声優として人気が出ればそういうポジションも可能になる。
 
そうやって考えると、廣瀬くん的には今回のお話は本当に素晴らしいことだと思います。声優オタクとして、心の底から応援しています。
でも、自分が彼のファンだったら、って考えると胃がキリキリする。
 
それでもわたしは歌い踊る廣瀬くんも観たいし、キャラに息を吹き込むのも聞きたいと思っています。
本当に頑張ってほしいです。廣瀬くん本人にも、彼の本当のファンの方達にも。